愛犬の安楽死。

おいらの大好きなワン。

今日はお稽古から帰ってきてから、

彼の小屋がある脱衣所にずっと居ました。

よくよく考えると

24日の水曜日。

おいらの左足骨折の通院卒業を言われた

その夕方から、急に具合が悪くなった気がする。

今日はもうとうとう、1度も小屋から出なくなった。

昨日は指につけた水をぺろぺろしてくれたけど、

今日はもうそれもない。

殆ど死んだ様に深く眠っていて、5〜10分間隔で、ビクって起きる。

野性の本能で起きてるのか。

そんな中、おかんが脱衣所に入ってきて

話始めた。

前の犬からだから

20年以上お世話になってる動物病院の先生が。

今まで見てきた中でも、

とてつもなく我慢強すぎるわんちゃんだと言った。

今、痛み止めの注射や薬を飲んでるけど、

この下半身の痙攣や、ご飯食べない水も飲めないのは、

相当な痛みを我慢しているからだと思うと。

ガンの大きさからしても、

もう相当痛いはずらしい。

でも何も言わない。

キャンともすんとも何も言わず。

ただひたすらじっと耐えている。

そして年齢が13歳とまだ若いせいもあるらしいが、

普通の犬よりも良くも悪くも心臓が強いらしい。

だから、2〜3日事に栄養剤と痛み止めの注射をしていれば、

もしかしたら後数月もしかしたら1年位、

このまま苦しみながら生きるかもしれないと言われたそうだ。

ツラい言葉で言えば。

死ねない状態。

人間なら、痛みに四六時中悶え苦しみながら生きている状態。

まだそれでも、散歩いけるとか。

好きな食べ物が食べれるとかなら良いけど。

昨日の夕方から、全く動かない。

ただひたすら眠り続けて、時目を開けるだけ。

おいらのニオイを認識してるのかも怪しい。

だから。

だから、おかあさんは。

痛みだけの今の状態は、本当にこの子の為かなって考えてた。

だから、安楽死して貰おうと思う

って、最後に言った。

おいらはただ

まだ生きてるのに

まだ、生きてるのに

ってしか言えず、泣くしかできなかった。

その後母は脱衣所を出ていった。

涙がボロボロ出た。

わんを触って触って。触ってみた。

あんなに人に特においらに触られることが大嫌いだったワンが、

何の抵抗もしない。

前足を持ち上げて、手を離したら、

パタリと下に落ちるだけ。

たまに目が覚めた時。

手のひらを鼻の近くに持っていったら、

小さくくんっってにおぐだけ。

今も痛みに耐えてるんだな。

って思うようになって。

正直どうしたらいいのか分からない。

痛みがいつまでも続くのだけは嫌だ

って言った。

でも、前の犬の様に、自然と眠る様にお空に行くんだと思ってたから。

生きているのに、この手で彼の命を断つのだ。

まだそれがのみのめない。

広告を非表示にする