自分が当たり前に思ってることが褒めてもらえる。

昨日の朝、少しゆっくり起きたら中尾亜由美さんが凄い褒めてくれていて一瞬で気持ちの良い朝になりました笑

そして、その日の夜に詳しくご自身のブログにも書いて下さいました。

こちらのアクセサリー作家さんの作品は素晴らしいです。

中尾亜由美です。

思ってても言わないのが日本人(笑)

クレームって、届きにくいんですよね。

で、クレーム対応でプロかどうかわかる。

ただ物を売るだけになってないかな?

高いものだから対応出来て、安いものだから対応出来ないって、

そもそも違うように感じるんだな。

嫌われる覚悟で書きますね笑

ハンドメイドを下に見られたくないので。

アクセのパーツって樹脂なんで壊れるのは分かるんだけど、2回しか着けてなくて壊れたり、つけた時から落ちやすかったり。

旅先でパキッと割れたり。

悲しいんですよね〜。

それを作家さんに連絡するのも嫌。

買ってすぐか、あまりにもひどいのしか連絡しません

で、連絡してもパーツが来るだけ。とか。

元送ってください!直します!ってスタンスじゃない。

他人事のような対応もあった。

嫌な思いしたくないので、連絡せずに自分で直したものもある。

知らない人にもパーツだけ送るのかなぁ。

私の場合に例えると、それって自分で縫ってくださいとなります。

言いたくないのよね〜出来れば。なぜか、うちに来るそんな作品が。

役目なんかなぁ。

神様の意地悪。

実は、壊れて使えないアクセサリーがいくつかあります。

放置になってます。

ミンネでは、そもそも対応しないとかあるらしい。

いくら安いからってありえない。

かたや、私がお気に入りのあの金髪のアクセサリー作家真部くんが使ってるパーツは何年使っていても壊れたことがないです

聞くところによると、素材にこだわっているとか

(あ、仕入れ先聞いたりしないでねー!聞いたらマジで怒りますわたし。)

で、壊れないのに1年保証をつけてくれてる。

無料で交換してくれます。プロの職人や!すごい!とFacebookで褒めてみた。

真部くんの作品には3000円代のもあるんですよ。

そうそう、理不尽なお客様の要求には答える必要はないんですよ。

ここ勘違いして、御用聞きになってはダメです。

お客様に寄り添うって気持ちでやってますが、線引きや距離感って大事です。

クレーム対応でハンドメイド作家の質も問われるし、ほらハンドメイドだから壊れるよね。

とか、思われたくない。

もしプチプラでも、売って終わりじゃない。

ハンドメイド作家全体が、そう思われがちなんですよね。

そこを変えていかないとね。

日本のハンドメイドって質が高いんです。

madeinJAPANで売れるんです。

自分が作ってるパーツ以外の、業者が作るパーツは壊れるものは仕方がないことなんです。

仕入れ先で、すでに劣化しているものもあります。それは、私も分かってる。

だから、壊れることに関しては作家さんが悪いとは思いません。

自家製パーツが壊れたら作家さん自身の責任だけど。

壊れやすいものは、安いからと言っても使い捨てじゃないと思うので、

壊れた時の対応もしっかりしないとなぁと思う。

安いと売りっぱなし?

壊れて当たり前?

安いからと言わない人の方が多いんだよね〜。

うちに苦情が集まる(笑)

自分で気付けないとダメだから本人には言わないなんて言う方もいましたから。

悩んだ末に

本人に伝えたことあるけど、もう言わない。

余計なことなので。

私がやる必要はないので。

安いなら初期不良や、1週間以内などの掲載はいりますね。

(私は初期と使用3回目で不良)

高いなら、何月とか。

お客様が、どんな使い方をするかは予測できません。

Facebookのコメントでも書いてますが、1年間お修理無料にさせてもらうことは当たり前のことだったんです。

というのも、元Kazaru-Kazaruを始める前からアパレルブランドさんの商品だって1年間お修理無料だったこともあって、すんなり1年間お修理無料でやらせて頂いてます。

そこには、アクセサリーは壊れる存在という認識が僕の中にはあるからです。

少なくとも僕のアクセサリーは、ケガをする前にアクセサリーの方が壊れるように作ってます。

なので、壊れてもお付き合いして頂けるようにやらせてもらってます。

自分が作った作品ぐらいずっと大切に着けて欲しいですしね。

なので、アクセサリーとも真部とも末永く付き合ってくれるような関係を気付きたいという想いがあるのも関係していると思います。

僕のアクセサリーを着けて下さる方と、友人じゃないけど友人みたいな関係が理想。

その中で僕が気を付けている事は、

自分がやって欲しいことをして、自分がやって欲しくないことはやらない

これだけです。

それでも中には、ご迷惑をお掛けしたり不快に感じはる方もいらっしゃったと思います。

そういう方をひとりでも少なく、喜んでもらえる方をひとりでも多く

に、なれば最高ですね。

不思議なことに自分が当たり前に思ってることが褒めてもらえることが多いですよね。

自分が打算的にやった事は、やっぱり全然褒めてもらえない笑

あぁー褒めてもらえたし、えぇこと言うた笑

中尾さんのブログ全文は

期間限定SHOP

2017823(水)-829(火)

あべのハルカス近鉄本店2階

わざわざ出掛けたくなるアクセサリーを生み出しています

Kazaru-Kazaruカザルカザル

わざわざ出掛けたくなる天然素材を使ったアクセサリーKazaru-Kazaru(カザルカザル)ONLINESHOP

/Facebook/Instagram/お問い合わせ